使い方‎ > ‎

tips

パーツ作成に関するTips

眉やアイラインは濃い目の色で描いてからレイヤーごと半透明にすると、下地になる肌や髪の色が濃くなっても浮かない。(乗算に近い効果)

ハイライトはベース画像に一緒に描き込んでしまうこともできるが、そのためには色替えの地の色を白よりやや暗くせねばならず、色替え時に想定した色と異なってしまう。
それを防ぎたい場合は「色替え不可部分付き色替えパーツ」を使い、ベース画像(ファイル1)の上に半透明の白で描いたハイライト画像(ファイル2)を色変え不可部分用画像として重ねる。

パーツの輪郭線はグレーで描くと、色替え時に地の色よりやや濃い自然な色になる。
黒で描くと、色替えに影響されず常に黒い輪郭線になる。
その他の色で常に地の色に影響されない輪郭線にしたい場合は色替え不可部分付き色替えパーツ」を使って別レイヤーに輪郭線を描く。

COLORSβの使い方に関する記事

Comments